土のう袋を選ぼう【水害対策がすぐにできる商品】

ニュース一覧

客席

イベントやライブや祭りに

コンサートやお祭りなどの各種イベントで必要になるのが観覧席です。この観覧席は購入するだけでなく、リースを利用することが可能です。もし、リースをするのであれば、質が高くて安心して利用できる機材を提供している業者に依頼しましょう。

工事現場

種類によって使い分け

土のう袋は、屋外で使用する為に紫外線や熱に強い素材が作られております。土のう袋を水害時に使用する時は、あらかじめ土を入れて直ぐに使用できるように保管しておきましょう。また、土のう袋を使った植物栽培という活用方法もあります。

教室

契約内容を確認する

イベントなどで使われる観覧席はリースもあります。購入するよりも費用がお得になることがあるので、使用する期間や席の種類などを比較して選択しましょう。また、一日単位で借りられることもあれば、月単位のこともあります。

工事

初めての人でも安心

土のう袋は屋外で使用される機会が多いので、紫外線に対する耐久性を高めるためにポリエチレンで作られております。また、数十枚から数百枚単位で販売されております。非常に高い耐久性能がある土のう袋は、約3年もたせる事が出来ます。

作業員

観客席の導入方法

大勢の観客を収容できる移動式の観覧席は、イベントやスポーツ大会などで一時的にレンタルする例が多いものです。施設の収容人数を増やす目的で観覧席を常設する場合は、レンタルだと料金が割高になってしまいます。そうしたケースでは高額な観覧席を購入するより、リースで契約で導入した方が経費への負担が軽減されます。

災害に備えて安心

土嚢

急に対応可能

地球温暖化が叫ばれる中で、日本でも数十年に一回といわれる豪雨が毎年のように発生している昨今では、緊急時の備えをしておく必要性は、ますます高まってきています。特に、ゲリラ豪雨といわれるような雨が降った場合、急激に増えた水を処理するだけの排水能力がない地域もあり、あふれ出た水が道路にたまっていくといった事案も増えてきています。こうした状況の中で、自分の身を守る方法としては、とりあえず増えていく水を食い止めることしかできないのが現状です。これらの水を食い止める方法として、真っ先に挙げることができるものは土のう袋を積み上げ、水の侵入を遮断することです。土のう袋は重みがあり、重ねて使用することで、自重で隙間を極力減らすことができ、水の流れを遮断することができるのです。一般的に土のう袋といえば、中に砂が入れられていることが多く、保管場所を確保しておく必要があります。しかし、都会の店舗では保管スペースを考えた場合、緊急事態に備えて保管しておくことは難しいのが現実です。そういった状況を受けて、保管スペースを極力少なくした土のう袋が登場しており、各地で発売されています。この土のう袋は、特殊な素材を内部に入れてあるため、水を入れることで膨れ上がり、砂を入れた土のう袋と同じような重さ、大きさになるのです。その為、水を入れる前の状態での持ち運びは女性でも行うことができるため、女性の多い職場などでも利用しやすくなっています。

パックス工業株式会社

盆踊りのための祭りやぐらを探していませんか?それならコチラで優良製品をチェックしましょう。